Google 東京オフィスでセミナーに登壇しました。

Google 東京オフィスでセミナーに登壇しました。
2018年5月30日 渡辺 洋一郎

こんにちは、工務店集客.COMの渡辺です。

5月10日(木)は、Google 東京オフィスにて「Google™ で工務店をイノベーション Work Innovation」に登壇させていただきました。
Google が提供するグループウェアサービス G Suite (旧Google Apps for Work)を活用し工務店の生産性を向上させていため
実際にどのようなことができるのか?どんな事例があるのかを約40分ほどお話させていただきました。

Work Simply – 仕事のムダを省く –

私の登壇内容は、タイトルにあるように仕事のムダをいかに省き、シンプルに働くのか?というテーマでお話をしました。
いったい自分の時間を奪っている「ムダな時間」は何なのか?まずはそれに気づくことが大事です。
・お客様との長電話?
・終わりのない長い会議?
・上司の終わりのない愚痴…おっと…

確かに上記の中にも「ムダ」だと思われる部分はかるかもしれませんね。

ただ私が思う「これはムダだろ…」というのは、「探しもの」時間です。
何も生まない「非生産」の時間です。

・打ち合わせのための資料
・上司に提出するための資料
・電話番号やご訪問の予定を書いたメモ
・契約に必要な書類
・前に作ったエクセルデータ

机の上にあるものからパソコンの中まで、仕事をはじめる前に見つけなければならないこの状況…
他人事ではないですよね?

ましてや、「おいあの資料どこにやったんだ?お前持ってなかった?」と部下まで巻き込んで探す始末…
こんな時間をビジネスパーソンは1日のうち30分近く使っているのです。
1年間に換算するとなんと150時間…1日8時間の労働だと約19日も探しものに費やしていることになります。この情報は、


『気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ』リズ・ダベンポート著


の中でも書かれていますので、興味のある方はぜひ読まれてみてください。
「そんな使っているのか…日頃から資料や情報は整理しておこう」そう思われた方もいらしゃると思いますが、そう簡単に行かないのも現実です。。。

便利(AI)なものは活用し人しかできないことに時間を使う

G Suite は個人でも使える、Googleカレンダーや、Gmailなど含まれています。
ただ無料のGmailは、****@gmail.comだったりで、会社のビジネスメールが使えなかったします。
またデータをクラウドに保存できるので、検索でデータを瞬時に探せたりと会社の生産性をアップさせるためのAI搭載ツールなどが揃っている点が大きなメリットです。
努力だけではどうにもならないことも G Suite を活用することで効率をアップさせることができます。
これからは工務店も、AIを活用し人にしかできないことに時間を使うことを考えていいく必要性があります。
上記のような内容を弊社の事例も含めてお話をさせていただきました。

ちなみに、 Google は社内の撮影写真のWeb掲載が非常に厳しくなったそうで…Google 東京オフィスとわかる内観の掲載はNGでした…
なので、当日の私のMacBookの写真を、、、(笑)余談ですがこの数日後このMacBookさんは、電池パック膨張の末キーボードまわりのフレームが湾曲するという災難に見舞われ…しばらく休業になってしまいました。

セミナーのまとめ

約40分ほどでしたが、参加者のみなさんの学びになったのであれば幸いです。
弊社では、ITを活用し工務店としの生産性をアップさせて行くことに注力を注いでします。
それは、去年と同じことをしているのは、安定ではなく「衰退している」という認識を持っているからです。
常に革新的で、前に進むことでしか企業の成長はないのだと思います。

これからは、「便利(AI)なものは活用し人しかできないことに時間を使う」この考え方は
とても重要だと思います。