社内MVPという仕組み

社内MVPという仕組み
2018年10月6日 渡辺 洋一郎
工務店の社内の仕組みづくり|社内MVP|工務店集客.COM()

こんにちは工務店集客.COMの渡辺です。

坂井建設では毎月第1木曜日には『絶対会議』という全員参加の会議が行われます。
月に一度全員が集まり、目標に対する進捗状況や、みんなで話し合うべきことを話したりする
弊社にとって大事な会議の日です。
全体会議の最後には前月の功労者の『社内MVP』表彰があります。
本日は会社内の『社内MVP』という仕組みについてお話をしたいと思います。


『社内MVP』という仕組み

『社内MVP』という取り組みができたので今から約4年ほど前になります。
その月一番頑張った人をみんなの投票で決めて表彰できる仕組みが作りたいなと思い
企画課(現:広報支援室)で考えたのが始まりでした。
当時を振り返ると、この頃の坂井建設はまだ20人くらいの会社で、悪く言えば『営業だけが目立つ会社』という風に
社員が思っていたような時でした。そういった背景から少しでも、事務職や集客担当などのサポートスタッフ、新人の営業、工務スタッフなど
日頃中々日の目を見にくいけど、毎日がんばっているスタッフにスポットライトが当たればいいなと思いはじめました。
それを社長だけが決めるのではなく、『社員全員の投票で決める』ということが一番大事な部分だと考えていました。

周囲の人の良いこと見つけること

弊社の代表がよくお話してくださることですが、


人の悪い所を見てしまいだすと、そればかりが見えてしまう。
それだと、その人に対して愚痴しかでてこなくなり、円滑なコミュニケーションがとれなくなる・・・
それでは仕事もうまくいかない・・・だからなるべく人の良い部分を見るようにしよう!
人は、良い部分もあれば悪い部分もある!みんなそうなんだから。


この代表の言葉からも、社内で『小さな感謝』『人の良い部分を見つけられる習慣』など
社員同士に相乗効果が生まれるような仕組みができたらいいのにといつも思っていました。
そうすることで、お互いのコミュニケーションが円滑になり、仕事にも良い効果が生まれると
考えました。
こういった会社も社員もお客様も関係するすべての方たちが笑顔になれれば最高だよね!
という願いをこめて、このような取り組みの総称を、

スマイルプロジェクト

と名付けて取り組んでいます。

坂井建設の社内の仕組みづくり|社内MVP|工務店集客.COM


今回のMVPは!

そんな経緯もあり今年で5年目、MVPの回数も50回を超えました!
今回の表彰は入社一年目 リフォーム部門の『麻生 南未さん』 です。
まさかの自分だとは思わず、名前を呼ばれるとびっくりした表情でアタフタしてました(笑)
今回は代表不在の為、常務の臼井から表彰と副賞の坂井食堂のおかず購入チケット(社内の簡易食堂)が授与されました。
社員全員の盛大な拍手に感動してしまい、泣き出す麻生さん。
何事にも一生懸命に明るく元気に全力で頑張る麻生さんに今回は票が集まりました!

社内の仕組みづくり|2018年9月社内MVP 麻生南未|工務店集客.COM

最後に麻生さんから、コメントを貰う予定だったのですが・・・
泣きすぎてコメントになりませんでした。

多くの方が、周囲から、認められたい、称賛されたいと思うのではないでしょうか?
毎日頑張っていることで、売上や成果を残すことはとても大切ですし、仕組み化された会社で働くことで
その能力を発揮する方もいると思います。
でも結局、そんなに良い仕組みも『人』が動かしているのですから、同じチームとして働く仲間同士
認め合い、支え合って行くためには、

『人の良い部分を見つけて認めること』

がとても大切なのかなと感じていいます。
社内MVPという仕組みは、少なからず前述のお互いに認め合い、支え合うチームを形成する
1つの柱になっていると信じて今後も続けていきたいと思います。

麻生さん、9月度社内社内MVPおめでとうございました!

麻生さんと常務の臼井|社内の仕組みづくり|坂井建設社内MVP|工務店集客.COM