アイディア事業部

システム販売事業

トップページ > 事業内容 > システム販売事業

システム販売事業

見込み客の開拓・売上UPとコスト削減を両立

「効率化」「高品質化」「コスト削減」 「時間の有効活用」「仕事の為の仕事を無くす」「無駄を省く」「業務フローの見える化」 「業務スピードアップ」「人員削減」「共有」「可視化」「業務の見える化」

上記の言葉は、会社の会議や朝礼でよく耳にする言葉です。 多くの会社が、このキーワードについてなんとか出来ないものか…と日々悩んでいるのが現状です。 そんな私達の会社坂井建設もそんな会社のうちの1社だと思います。

仕事の効率化に悩む画像

そんな悩みを解決すべく、仕組みの開発に力を入れています

世の中には、沢山のシステム・ソフトウェアが存在します。 ・顧客関係管理ソフトウェア(CRM) ・情報共有サービス ・営業支援システム などなど 多くのサービスがあり一体どれが良いのか?判断ができないのが現状ではないでしょうか?

大は小を兼ねるけど…ほんとにその機能は全て必要なのか?

・色々機能がありすぎて結局使わない… ・簡単なはずだけどボタンがいっぱいあって結局わからない… ・うちの業態では必要ないものが多い…

色々できるのは嬉しいことですが、それって本当に自分の会社にしっくりくるものなのだろうか?この悩みに尽きると思います。 工務店が工務店の為に考えたシステムが我が社のシステムです。

同じ悩みを抱えているからこそ、共感できるし痒いところに手が届くシステムが創れる!

中小零細企業の工務店が開発しているシステムってどんあものなんだろう?と思われるかたも多いかも知れませんが、業務の効率化=コストの削減だけではありません。

業務の効率化で、利益UP×スタッフのやる気UP=会社の成長が見込める

ムダな業務を見直し、時間とその業務にかかる人件費を削減することで、より生産性の高い業務に時間と人を割くことが可能になります。 また、長い時間をかけて行なう業務は、疲弊するケースが多く業務のパフォーマンスとしては高いクオリティーが望めません…

長時間業務のデメリット[個人編] ・休息などが十分に取れないので、業務のクオリティー(身体的・精神的)の低下 ・学習などの自己成長の時間がとれず、うまく成長していけない ・ゴールや結果がうまく見えず「やる気」にとリンクしない

長時間業務のデメリット[会社編] ・Fixedコスト(人件費・光熱費)などのコストの増加 ・スタッフのモチベートの低下による業務生産性が不安定

長時間の業務にプラスの要素はありません。でも会社として望むことはこの言葉に尽きると思います。

利益UP×やる気UP=会社の成長

業務時間は短縮したいが、利益を上げるため働いてもらうしかない…

業務時間の削減したのに、行なった結果(契約・工機・時間短縮)など目に見える結果として現れることで、スタッフには達成感が根付いていきます。 そうすることで売上単価・販売数UPが見込めるようになります。

また、コストの面でも削減が期待できるため、時間・人的コストも削減が可能になります。 売上はアップ!、コストはダウン!結果利益が大幅にアップすることが可能になります。

少ない時間で最大のパフォーマンスを発揮する!

システム導入は、「商品の導入」ではなく「仕組みの導入」であること考えてサービスをご提供しています。

Copyright © 株式会社坂井建設 i-DEAR事業部 All Rights Reserved.